Person 社員紹介

TSNで女性が活躍できる場を広げていける人財になりたい ライン統括部エリア活動支援チーム A . N
現在の職種(部署)における役割を教えてください。

お得意様の売場品質維持を業務としているエリア活動事業の中で、エリア活動支援チームの役割としては、お得意様、たばこメーカー様、事業所のそれぞれから挙がってくる課題や問題点を抽出し、改善策の立案や、事業所の業務支援を行うことが主な業務です。
チーム内においては、自分の担当課題を持ちつつ、後輩の課題進捗管理を通した指導・育成についても行っています。

  • ご自身の職種ならではの苦労や、やりがいを感じた瞬間、想いを教えてください。

    お得意様、たばこメーカー様、事業所、それぞれの立場やニーズ、会社のスタンスなど、様々な事情を加味して課題の解決策を立てます。ベストな策を提示したつもりでも、それぞれの立場ではベターな策と捉えられてしまうことも多く、調整が大変ですが、思ったとおりに進んだときはやりがいを感じます。
    後輩の指導では、自分で考えるように促す「助言」をしなくてはなりませんが、つい自分自身で考えている「答え」を伝えてしまうことがあります。
    ヒントは与えつつ「答え」は言わない、そのさじ加減が難しいです。意図した「助言」が正しく通じ、後輩が「腑に落ちて」納得し、自分で考えて最後まで課題の解決を進められたときは、「やった!」と達成感があります。

  • 仕事をする上で大切にしていることを教えてください。

    スケジュール管理を一番大切にしています。お得意様、たばこメーカー様、事業所のそれぞれから挙がってくる課題を解決するにあたり、スケジュールを立てるためには、大まかであっても解決策のイメージを持つことが必要です。このイメージを持ちつつ、スケジュールを管理することが、スムーズな問題解決にもつながると考えています。
    また、コミュニケーションも大事にしています。チームのメンバーや他部署の社員と、休憩時や喫煙所等で仕事以外の世間話をすることで、仕事のときも相談しやすい、協力しやすい関係を築けるのではないかと思います。

あなたの10年先の目標を教えてください。

実は私はTSNで女性初の営業として採用され、入社当初はたばこの配達をしていました。当時は「私が営業を断念してしまったら、後に続かないのではないか」とプレッシャーを感じていましたが、評価していただけたことが今につながり、現在は数名の女性の営業がいます。その時に、これからも「女性が活躍できる場を広げていける人財になりたい」と思いました。
TSNは女性社員が少なく、女性の管理職は本社に2名だけです。(2016年現在)
10年後には次長や所長等、事業所の管理職を経験し、ステップアップをしていきたいと思っています。