Person 社員紹介

様々な職種経験を活かし各部署の懸け橋に 事務担当 R . S
事務
担当

お得意様の窓口としての役割や帳票管理を担うと同時に、関係部署の取りまとめおよび指示だしを行います。
事業所のコントロールタワーともいえる存在です。

転職のきっかけやTSNを選んだ決め手を教えてください。

実は父がTSNで働いています。子供の頃、同僚の方がよく遊びに来ていて、父が頼りにされている様子を見ていたことから、会社の中での父や、TSNにとても興味を持っていました。それで「同じ会社で働いてみたい」と思い、入社しました。アットホームな社風に触れ、惹かれていたのも入社を決めた理由のひとつです。

  • ご自身の仕事内容と仕事への想いを教えてください。

    事務担当として、お得意様からの電話の対応をしています。また、倉庫業務を担当する「倉庫」「仕分」などの内勤と、配達をする「営業」の懸け橋として、情報を提供する役割も担っています。そのほかの部署からも、わからないことは事務担当に質問がきますので、適切な答えを返していくのも仕事です。
    入社当時は電話ではお得意様の顔が見えず、何を話したら良いかわかりませんでしたが、今は、お得意様が何を求めてお電話をされているのかを聞き出すようにしています。お聞きした要望についても、「お得意様の立場に立って考える」ということを心に留めて対応しています。
    各部署からの疑問に答えるためには、今担当している「事務」だけではなく、「営業」「倉庫」「仕分」の業務のことを含め、色んなことを理解した上で、迅速に応えなくてはいけないことが難しいです。

  • 仕事をする上で大切にしていることを教えてください。

    焦っては正確な仕事ができません。落ち着いて作業をするために、確認をしっかりするようにしています。一人の目だと見逃してしまうこともあるので、誰かに確認をしてもらい、また、人の作業の確認もします。様々な案件に同時に対応する必要があるので、優先順位をつけることがとても大事ですが、苦労している点でもあります。
    また、チームで役割分担をしてそれぞれが違う業務をしているため、進行具合が見えづらい部分があるので、「これは大丈夫?」「あれはどうなっている?」と声をかけるなど、コミュニケーションも大事にしています。

あなたの10年先の目標を教えてください。

入社してからの短い期間で「営業」「倉庫」「仕分」、今担当している「事務」と色々な職種を担当させていただきました。これは自分の力になる、とてもいい経験だったと思っていますし、後輩にもぜひ同じ体験をしてほしいと思います。そして10年後は、この経験を活かして、後輩を育てていく存在として仲間から慕われる、会社の中で頼りにされる人間になっていたいです。