Person 社員紹介

お得意様と心が通じた瞬間にやりがいを感じる 営業担当 K . O
営業
担当

お得意様へ製品を直接お届けするTSNの「顔」となる存在で、当社の印象に直結する重要な担当職です。
お得意様との信頼の積み重ねを大切にしていますので、「ドライバー」ではなく、「営業担当」と呼んでいます。

転職のきっかけやTSNを選んだ決め手を教えてください。

入社する1年前に兄がTSNに転職し、「福利厚生も整っていて、人間関係も良く、とても働きやすい環境だよ」と勧めてくれたのがきっかけです。家族もいるので、「長く続けられる職場」を見つけたいと考えていたので魅力を感じました。
前職は飲料のルート営業で、お得意様への配達をしていました。もとは人見知りだったのですが、だんだんとお得意様と話すのが楽しくなってきたこともあり、「培ったコミュニケーション能力を活かせるのではないか」という思いもありました。

  • ご自身の職種ならではの苦労や、やりがいを感じた瞬間、想いを教えてください。

    ルート配達ですので、毎日、毎週、お得意様には同じ時間に商品をお届けしています。道路状況に影響されず、約束の時間を守って商品を届けるために、日々交通情報の収集をしています。抜け道を把握しておくのはもちろんですが、ひと月の中でも「上旬はこの道が混む」「下旬はこちら」と観察して、その情報を営業の同僚とも共有しています。
    時にはそれでも遅れてしまうこともあります。そういうときは、事務担当に連絡しお得意様に事前に伝えて貰うのですが、トラブルになる場合もあります。そんなとき、理由を丁寧に伝え、誠心誠意対応してご理解いただき、ご納得いただけたときは「心が通じ合った」と感じられてうれしいです。

  • 仕事をする上で大切にしていることを教えてください。

    TSNで実践している「音を立てない荷扱い」を心がけています。たばこは強度がないので、質の良い商品をお得意様に届けられるよう、積み込むときも降ろすときも丁寧に扱うことが基本です。特にトラックから降ろすときは、少しの高さからでも落とすとつぶれてしまうので慎重になります。
    また、コミュニケーションも大切です。「笑顔」と「あいさつ」は欠かしません。ずっとこちらからあいさつをし続けることで、半年、1年経って、ふとお得意様の方からからあいさつをしてくださったり、世間話をしてくださったりすることがあります。そんなときは信頼関係ができたことを実感できてうれしいです。

あなたの10年先の目標を教えてください。

今の上司にあたる管理職の方たちは、とても素晴らしい方たちばかりです。それを見ていて、自分も10年後は管理職になっていたいと考えています。入社してもうすぐ10年、営業職一筋できましたが、そのためには内勤の仕事も体験して、パソコンの操作なども身につけていきたいと思います。そして、「管理職に求められること」を先輩から学んでいきたいです。